ゴールデンウィークに行きたい海外の穴場(シンガポール)

ゴールデンウィークのお休みがたくさんとれないかたであっても、充分に遊べる海外でしたら、飛行機で長時間、東南アジアも旅行の候補に挙がると思います。
飛行時間、7時間ちょっとでいくことが出来る「シンガポール」はいかがでしょう。
何年も前に行ったことがあるというかたも、久しぶりのシンガポール、おすすめしますよ。
以前よりも、本当に変わっていると思いますし、ますますラグジュアリーな魅力に溢れている。
熱帯地域に属しながらも、非常に清潔で食べ物も喜ばしいですし、ちっちゃな国でありながらも数多くの見所があるシンガポール。
4〜5日程度の連休がとれれば、充実感のある旅行を味わえるので、ゴールデンウィークの穴場というにはピッタリです。
どちらかと言えば、ビーチなどでのんびりとした休日を過ごしたいかたではなく、街歩きや名勝巡りがお好きなかたに向いていると思います。
インド人街です「リトル・インディア」、アラブ人街です「アラブ・ストリート」、中国人街です「チャイナ・タウン」、シンガポールはちっちゃな国ではありますが、数多くの人種のかたがたが暮らしている。
そして、人種ごとのちっちゃな街は、それぞれに個性的で、歩いているだけでも楽しめます。
また、お金持ちの国らしく、ホテルもピンからキリまで揃っている。
あなたもご存じの、屋上が船の形のプールになっている「マリーナ・ベイ・サンズ」などに宿泊してみたいか。
あのホテルは、現在でもまだまだかなりの人気がありますが、早めの予約であれば、宿泊することができますよ。
すぐそばには、驚きの植物がいっぱいの「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」があり、世界中の樹木や花々をご覧になることができます。
ひいては、シンガポールと言えば有名な「ナイト・サファリ」も、おすすめです。
夜の動物園ですが、夜行性の動物の行動をご覧になることができる、物珍しい動物園だ。
トラムという乗り物に乗って園内を周るのですが、日本語のトラムを予約しておくと良いですね。
シンガポールと言えばマーライオンですが、マーライオン公園も外せない名勝だ。
以前までの、マーライオン公園は、世界三大ガッカリとして有名な名勝でしたが、最近は背景に高層ビル群などもあることで、その夜景の美しさに人気が高まっている。
世界三大ガッカリの時代に訪れたことがあるかたは、前回と見比べるという楽しみがありますね。
シンガポールは年中、夏の気候だ。
スコールも降ります。
ゴールデンウィークに旅行に出かければ、一足素早く、夏気分を食らうことができるでしょう。
ちっちゃな国の中に、楽しいことがたくさんあるシンガポール、そして日本からもほとんど遠くないのですから、穴場としてきつくおすすめできる国だ。xn--ncka4a4h2c6b.xyz