不眠症になる原因、どのようなものが起こるの?

不眠症になる原因は様々です。
一概に、ストレスを抱えているから、だけとは限りません。
病気が隠れていたりも行う。
それでは、如何なる原因が考えられるのでしょうか。

1.病気が原因・・皮膚疾患で痒みがあったり、リウマチ等で体が痛かったりすると寝つきがよくありませんし、熟睡できません。
ですが、こういった病気だけではなく、糖尿病、高血圧、前立腺肥大、心不全、狭心症、胃潰瘍、パーキンソン病などの病気になっている場合も、不眠症になりやすいようです。

2.ライフサイクルが原因・・海外旅行から帰って来て、時差ボケになって不眠になる事があります。
また、仕事が夜と昼の交代制の勤務に変わって、生活のリズムが狂うと、不眠になってしまいます。
寝室の環境がやばい時も不眠になります。
うるさかったり、明るかったり、室温が適温でなかったり、乾燥していたりしてもすばらしく眠れません。

3.心理学的原因・・人間関係や仕事上のトラブル、その他心配事で、夜ベッドに入ると色々考えてしまい眠れなくなり、不眠症になってしまいます。
そのトラブルが解決してしまうと良く眠れるようになる人もいますが、これが原因でトラブルが解決しても不眠症が治らなくなる人もいるようです。
そうすると、眠れないという事がまた新ストレスとして、不眠が長期化してしまう。

4.うつ病や統合失調症などの病気を持っている人は、不眠症であることが多いようです。
精神病のある人の多くは脳内から分泌されるセロトニンというホルモンが不足しているのです。
セロトニンは心をリラックスさせる働きがありますし、睡眠に欠かせないメラトニンの分泌を促進する働きがあるのですが、それが不足していることから、眠れなくなるのです。

5.アルコール、カフェイン、たばこが原因・・お酒を飲むと良く眠れると勘違いしているほうが多いのですが、実はお酒は眠りを浅くしてしまうのです。
そのため、夜中に目が覚めて眠れなくなるということになります。
又、一般的な常識ですが、寝る前にコーヒーなどを飲むとカフェインによって、脳が覚醒して眠れなくなります。
お婆さんの場合は、その覚醒効果が6時間くらい続きますから、寝る時間の6時間前にはカフェイン類を飲まない方がいいですね。
そして、たばこは、眠りには大敵なものです。
たばこに含まれるニコチンはカフェインよりも力強い興奮剤ですし、禁断症状にもなる。
ニコチン依存になると、脳内にニコチンがあるうちはリラックスしているのですが、ニコチンがなくなると、不安や緊張が高まってしまう。
そのため、寝る前にたばこを吸うと、夜中にニコチン切れて覚醒してしまうので、眠りが大層浅くなります。
各種面でたばこはやめた方がいいですね。すっきりレッドスムージーは楽天やAmazonが最安値?【口コミあり】