夜中に目が覚めてしまう人のための処置

不眠症の中に、中途覚醒といものがあります。
これは、夜中に何回か目が覚めてしまい、そのまま眠れなくなって仕舞うという症状だ。
これが週に何回も何か月も貫くようであれば、不眠症ということになります。

お婆さんはたいして中途覚醒が多くなります。
人間は年を取ると、眠りが浅くなるので、夜中に何度も目が覚めたり、早朝に目が覚めてそのまま眠れなくなってしまう。
又、交代制勤務の仕事をしている人も、しょっちゅう夜に寝れる訳ではないので、体のリズムが壊れ、中途覚醒が多くなる。

睡眠時無呼吸症候群の人も、脳に酸素が行かなくなって、何度も夜中に目が覚めてしまう。
そのため昼間突如眠気が襲い、気が付くと眠っているといった事になります。
これは命にもかかわる事です。
皮膚に疾患がある人や、むずむず脚症候群の人も、夜中に体や足がむしょうに痒くなって、目が覚めてしまう。
こういった病気が原因の場合は、早めに医師に相談してその原因を省く以外、方法はありません。

病気以外で中途覚醒してしまうには、どんな対処があるのでしょうか。
予め、寝室は交わる場所として、それ以外には使わない事です。
本を掴むのもベッドの上で、という習慣もやめます。
夜中に目が覚めてしまった時は、布団の中にいるのではなく、いったん起きて、別の部屋へ行きます。
そして、もう一度眠たくなったら、布団に戻ります。

ベッドの脇の時計は伏せておきます。
夜中に目が覚めてしまった時に、今いつなのか、絶対に確かめないようにください。
時間が気になると、一段と眠れなくなります。

寝酒も中途覚醒の要因になるので、やめましょう。
お酒を飲むと良く眠れるは錯覚で、眠りが浅くなります。
お酒が完全に抜けてから寝入るほうが、深い眠りになります。

夜中、トイレに行きたくなって目が覚めてしまう人は、昼間の水分の取り方に工夫が必要です。
出来たら、午前中に多々水分を摂り、午後遅くなってからは水分は控えましょう。

人間の体は眠りに入る時に体温が下がるので、入浴を上手く利用しましょう。
交わる1時間前くらいにお風呂に入り、体温が下がる頃合いを見計らってベッドに入りましょう。

寝室の環境も大切です。
何か問題がある場合は、完全に解決できないかもしれませんが、騒音が気になる時は窓に防音シートを張ったり、遮光カーテンで光をシャットアウトしたり、なんだかんだ工夫してみましょう。http://メタルマッスルhmbなら.xyz/